2017年12月16日土曜日

12/3 お味噌づくり

もう12月も後半に入ってしまいましたね。
気ぜわしくて、声が大きくテンション上がりっぱなしです。

さて、今年のお味噌づくり。
サプライズの連続でした。
場所は、私が公私ともにお世話になっているご婦人の別邸なのですが、
料理家として活躍しているお嬢さん大塚瞳さんの仕事場でもあり、

向こう側のキッチンと、こちらのダイニングを使わせていただきました。
瞳さんは、食空間演出家という肩書きもお持ちで、
ランチの際の食卓のしつらえもしてくださいました。

説明する私
頑張るマスター
皆でコネコネ
写真が寄せ集めなので、サイズがバラバラでごめんなさい。
瞳さんも、味噌づくりからランチまで参加してくれて、
世界を飛び回って活躍する瞳さんの話に、ワクワクドキドキでした☆

この場所は、普段ほとんど使っていないそうで、
参加者の皆さんをお見送りした後、「何もないのだけど・・・」と言って、
土鍋でご飯を炊いて、自家製のお漬物と一緒にねぎらってくださいました。

ご自身の考えと仕事に対するポリシー、いろんな食材の話もたくさん聞きました。
自家製の干し葡萄と柚子ピール

意識の高い人と話すのは本当に楽しい。
マスターも、退院直後の身体でしたが、最後まで楽しかったと言ってくれました。

マスターが病気になってから、私自身、この手の活動に弱気になったいたのだけど、
またやる気が湧いてきました。

自分が一つ一つやっていることが、本当に一本の太い道筋になっていることに、
必然の奇跡を感じます。
すべてに感謝しています。

0 件のコメント:

コメントを投稿