2020年1月3日金曜日

あけましておめでとうございます

お正月、いかがお過ごしでしたか?
お天気がよく、素晴らしい1年になりそうな、最高のお正月でした。

私は、毎年恒例、年に一度の「食べて寝るだけ生活」を完璧なまでに遂行し、
自宅へ帰ってきたところです。
明後日からは、また、ぴったぴたのウエアに身を包み、
レッスンをしなければいけないのかと思うと・・・・マズイ。
あぁ、現実に戻ったか。

弟のお嫁ちゃんが来て、平均年齢がグッと下がって、楽しい時間を過ごしました。
(父と母の顔は、映倫に抵触するため、覆わせて頂きます)
  
実家の近所で三社参り。
 
 
  
今年はまた、ステップアップのための資格を取得し、歩みを進めなければいけません。
もちろん、自分自身の実になるものなのですが、
このタイミングで、というのは、会社での事情があります。

年末の健康診断では、ハナマル印(胃底腺ポリープ以外)、身長はちょっと伸びていたし、
体調的には問題ないみたいなので、
あとは、心身疲労をうまくこなしながら頑張るとしますか。
本年も、よろしくお願いいたします。             ひらいまさよ

2019年12月30日月曜日

振り返り、みたいな。

28日に最後のレッスンが終わり、
その日と翌日で、今年とどめの忘年会。

年末休業日の会社へ少しだけ出勤したり、
皮膚科に行ったり、
ポン酢を作ったり、
洗濯機の掃除したり、
ゆっくりしようと思っていたのに、
あっという間に日が暮れて何もできてない年末。
しかも、掃除ついでに、パソコンの「リフレッシュ」とやらを実行したら、
大事なアプリケーションが大多数消滅していて、
メールすら受け取れない状況(涙
この記事を書きながら、再インストール・再設定作業に追われております・・・(悲

 
12月のハレの日続きの反省と、
実家での食っちゃ寝生活に備えて、昨日より粗食・・・ちょっとリセット。
ご飯の友、自家製もろみ。この子、ご飯が何杯でもいけちゃうので、粗食の意味なし。
今年はどんな年だったか振り返ると、あいかわらずだったかなと思うのだけど、
「あまり考えず過ごした年」だったかなって思います。
とりあえずやってみよう、
とりあえず行ってみよう、
とりあえず会ってみよう、
そんな感じで、私にしては、
流れに逆らわず、やってくる機会に従順に暮らしたような。
以前は、自分に不必要だと感じることのために、
時間をさいたり労力や気持ちを使うことを嫌だと思っていたのですが、
今年はなんだか、そういうタガが少しだけ緩くなったような気がします。
そういうことを楽しむ心の余裕ができたようでもあるし、
不必要なことはやって来なくなっているような自信も生まれたようでもあります。
また、自分ではどうにもならないこと、理不尽なことや、自分の気持ちが通じない状況に
固執することを、少しやめられたかな。
ははは。固いところが緩くなり、熱いところが冷めたのか?(笑)
中庸になったということにいたしましょう。

それなりに楽しかったし、勉強にもなったし、
自分のテリトリー以外の人とも会えたりして新鮮だった。
また、自分のやりたいことに没頭できたし、道筋も整ってきたかな。
しかし、
超人的に頭のいい(でも考え方は似ている気がする)知人からのメールの、
実直で純粋で飾らない文章を読んで、
なぜか安心し心癒される自分がいることに気づく・・・
やっぱり、この1年、少し疲弊したみたい(笑)

太陽や月や星、風の音や匂い、季節の移ろい、野菜のおいしさとたくましさ・・・・
そいういう無垢なものに、心の底からこみ上げるものを感じ魂を解放できることが、
真の健康、幸せな人生なのかなと、 色々な経験をして感じるのでした。

あ、そうそう!
来年1月から、外部施設でピラティスインストラクターデビューします♡ 
西区のJEUGIAカルチャーセンター木の葉モール橋本で、第2・第4月曜日19:30~です。

 こういうね、自分を売っていくことにも慣れないといけないんですよね・・・はぁ・・・


2019年12月23日月曜日

心身ともに元気なのだ!

年の瀬ですね・・・
年末はいつも、会社の1人経理の年末業務がとっても忙しいので、
12月初めから、アドレナリン全開、頭ギンギン、目つきギラギラ、
集中力キープで突っ走ってきました。
おかげさまで、大きなケアレスミス(笑)もなく、おおかた終わりました。

イルミネーションって、みんなのせわしい心を落ち着けるためにあるんだなぁって感じます。
ありがとうねぇって思います。
  
 
先日、小休止できたので、人里離れた公園というか城跡に行ったのですが、
そこで、数人の人が、座禅を組んで瞑想をされていました。 
そういうこと、やってみたいなと思うのですが、
私、正直、「頭や感情を無にする」という感覚が全然わかりません。
座禅を組んだとしても、ここぞとばかりに頭の隅っこからいろんなことを引っ張りだしてきて、
あれこれ考えて過ごして、「ワタシ論」を作成してしまいます。

ただ、太極拳をやっているときは、自分の身体のことに集中していて本当に頭も心も空白になります。
イヤなこととか、ムカついたこととか、不安だとか、ゴミのようなものは、
きれいさっぱりお掃除されます。
なにやら、オーラやチャクラやそんなことが見えるらしい人達からは、
私は頭にすごくパワーがある(頭がいいというわけではないと思います、ハイ)と、
よく言われるのですが、だからこそ、身体、特に足を使って鍛錬することを心地よいと感じ、
陰陽のバランスが取れているのだろうなと感じます。
もっというと、頭を使いすぎるから、甘いものが好きなのかなとか、
言い訳まで思いつきました(笑)

板村真民の詩の中にも、
「頭から光が出る。まだまだだめ。
 額から光が出る。まだまだだめ。
 足の裏から光が出る。
 そのような方こそ、本当に偉い人である」
という一節があります。
本を読んでも、得られるのが知識だけです。仮に心まで至っても、
足まで届いてこないと思います。この詩を読むと、中村哲さんを思い出します。
深い愛と美しいほどに純粋な行動力、こういう方が殺されてしまう世の中って、
すごく狂ってる。

皆、足を使おうよ!
情報が溢れ、インスタントでバーチャルな世の中にいるからこそ、
身体を動かして汗をかいて、疲れてぐっすり眠って、
皆の奥の奥の奥にある、もっとも誠実で暖かくて、ブレないけど調和する、
大切なものを感じようよ!

今年も、橙を頂きました。ポン酢作るぞ~♡



 

2019年11月25日月曜日

一事が万事

フランシスコ教皇のお言葉、癒されますね。眩しいです。
彼は、眺めている景色と想いの根本が違います。しかし抽象的ではない。

もっとも大事でもっとも難しく感じるけど、みんなが原点に戻ればできること。
時間を要するけれど、でも結局それは、一番無駄や犠牲がなく、一番効果がある。
高い理想のようだけれど、それが、理想になってしまうような現代が問題なんですよね。

やっぱり、そこなんですよね。。。

会社に入ってくるアルバイトの育成でも、インストラクター育成でも、
任務に対し、ただマニュアル通りの結果を作るためだけに時間を費やすのではなく、
どうしてそうすべきなのかの根本を、脳みそや思いや五感を使って感じて欲しいと思っています。
アルバイトスタッフには、書類の綴り方、印刷の位置、領収証の貼り方、そういうことから細かいです(笑)
「あなた以外の人が、あなたの作った書類を閲覧したり処理するときに、
気持ちよく作業ができるように 」やるのです。
気持ちがいいと思ったあなた以外の人は、あなたに感謝し、感謝されたあなたも幸せな気持ちになる。
そうすればお互いが仲良く楽しく仕事ができる。
逆パターンもあって、やれと言われた通りにやったら周りから感謝されて、
なんかいい気分だな。あ、自分のやっていることが人を幸せにしているぞ、みたいな。
どうしたら読みやすいかな、どうしたらわかりやすいかな、
そして、どうしたら、あの人は喜んでくれるかな♡
そんな風に工夫し考えながらお仕事をするって、楽しいと思いませんか?

そういう気遣い、つまり「愛」は、
自然と、お客様やお取引先や周りの人に対する言動、働く場所や道具に向き合う姿勢にまで表れて、
もう、何も指導しなくても、安心してお仕事を任せることができます。
そして、この現象はマニュアルではなく、その人の習性となってどこのどの状況でも役に立ちます。
物理的な業務の得手不得手は、役割分担やお互いのフォローで補えます。
もちろん、この「思いやり愛」は、外に向けてだけではなくて、
自分の身体、心、存在に対しても大事なことです。
そして、口だけではなく、行動できる人が本物です。
清廉潔白である必要はないんです。グチや文句も言ってもいい。
愛のある人の毒言は、新陳代謝で出るカスみたいなものです。


「一事が万事」という言葉、これを考えた人はスゴいって思います。
ホントに、すべてはつながっています。
自分で認識できていない部分までも、紐づけされている。
だから、自分の変えられるところを改善すれば、それは確実にすべてによい影響を及ぼします。
(その逆もありきで・・・マイナスのスパイラルってこともありえますね汗)

私も、色んな人に会いますが、
その人の見ている範囲というか、スイッチの入っている部分みたいなものは、
なんとなく認識します。
それによって、その人の身体や生活に起こっているだいたいのことに納得します(笑)
なので、結局は、私を含めて、人の人生はその人が決めているような気がします。

私はというと、自分の現状に満足しているわけでも不満に思っているわけでもありません。
正直、不遇だなぁって思うこともあります(笑)でも、笑える程度です。
現状を変えたいというよりも、
もっともっと素晴らしい人に会い、素晴らしさを盗んで、自分を昇華させたいと思うのです。

警固神社の掲示板に書いてあった言葉
「磨いても光らぬ鈍刀は 磨くあなたを光らせる」
その時の私に、ストライクに刺さったので、誰の言葉かネットで調べてみました。
なんと、「念ずれば 花ひらく」と同じ詩人でした。

お蕎麦三昧
 
 
素朴なゆえに、難しい・・・

2019年11月4日月曜日

人生キラキラ

朝起きて窓を開けると秋の匂い・・・
鼻腔を通って喉を通って、私の身体の中に染みわたるこの冷気、素晴らしいです。
黄金に輝く季節、まさにキラキラ。

早朝7時の高速バスで大分に向かっている車中です。

しばらくの間、夏の疲れでなんとなく体調がすぐれず、なんとなく忙しく、
ブログを書く気力がありませんでした。

先月体育の日、太極拳の福岡市のお祭りが無事に終わりました。
今年は、いちにの会が楊式に初チャレンジし28式を演武、
まいぺーすチームも、「平均75歳の手習い」で、楊式8式を頑張りました。
毎週の練習の他に練習時間を確保して、約半年でなんとかそれっぽい形ができて、
私はとても満足しています。
他人の評価は気にせず、
自分達が頑張った証は、自身に確実に刻まれているので、
それを自信にして、これからも、体得し発見していくことの快感を感じてほしいです。

毎週の教室にあまり参加できない、最年少N田さんは、
今回は個人の演武だけに出場しました。
彼は制定拳の24式を演武したのですが、昨年の失敗を一応挽回し、ひと段落しました。
大会後の教室で「これから、拳式、何やりたい?」って聞いたら
「ボク、楊式やりたいです!」って言ってくれました。
すごく嬉しかった。

N田さんのことはよく他の団体の方から、「あなたのお弟子さんのあの・・・」ってことで話しかけられることがあります。
でも「弟子」という言葉に違和感を覚えてしまうんですよね。
私は弟子なんてとりません(笑)
そんな度量もないし、みんな「生徒ちゃん」です。
というか、後輩くらいでちょうどいいです。
ちょっとだけ、皆より早く太極拳をやりはじめただけ。
ちょっとだけ、興味を覚えて学んだり考えたりする機会を作っているだけ。
そして「ねぇねぇ、太極拳って、めっちゃいいって!」と宣伝して回っているおばちゃんです。
太極拳の良さをみんなで共有したくて、
習ったり自分で工夫したり考えたりして、教えながら私も頑張っているんです。
集団演武は、私の教室においては、張り合うこととかそろえることが目的じゃないです。
つながることが目的です。太極拳はそれが可能です。
肉体を使って、練習することが前提の話ですが。

私の教室の生徒ちゃんがもし、他の先生に習いたいと言ったら、
まぁ少しは寂しいと感じるかもしれないけど、引き留めたりしないと思います。
目的が太極拳なら、いいんです。
そして他に移った後、どこかで再会しても、普通に挨拶できると思います。
逆に、太極拳や私が嫌いだったら、教室を辞めてほしいです。(笑)

団体やリーダーどうしが目先のことで対立したり、嫉妬し合ったり、○カバカしい。
指導者は、生徒がハッピーになるように頑張るべきです。
業界自体を発展させ、太極拳の良さを広く伝えたければ、
自分が幸せでなければならないし、愛好者によい経験をさせてあげなければならない。
もちろんそれは、過保護とか媚びを売るとかじゃないです。

こういう話を、他県の拳友に話していたら、
「まさよちゃん、だいたいの教室は、指導者がハッピーでいられるように、
生徒が気を遣うっていうおかしなことが常識なんだよ」
また別の拳友は
「なんだか太極拳が義務になってきててつらい。しがらみとかなにも知らなかった時は楽しかった」
まぁ。。。。
そうですよね、私もそういうのがイヤだったから、
自分の生徒にはそんな気持ちで太極拳をやってほしくないから、
今の状況に至っているのですが。。。(苦笑)

習うだけのうちが、本当に楽です。
一人一人、すべてが違う人達に教えることは、苦悩の連続です。
でも、教えることでいろんな面で成長できたし、楽しい思い出もたくさんできました。
「ねぇ、何を教えてほしい?」って問いかけた時
「先生の教えたいことを習いたい」って言ってくれる生徒ちゃんのために、
そして、自分の幸せのために、少しずつ頑張りたいです。

先月、マスターの命日でした。
1年か・・・短いような長いような、ふしぎな感じ。この1年、私は何ができたかな。
 私の天命って、なんだろな。

2019年9月30日月曜日

やっぱり秋はものおもい


すっかり、秋の気配。
「気配」って、ね。
なんとなく日差しに秋の色がついてきて、
自然ってホントに、風流で素晴らしいなぁって感じます。

「人柄」ってのも、ありますよね。
しぐさとかたたずまいとか物腰とか。
すべてが、その人を語る。

運動の指導をしたり、習ったりいていると、
心と身体と言動は、三位一体だよなぁってつくづく感じさせられます。
そしてまた、
経験していないことや学習していないことを語ったり教えたりすることは、
不自然で無理があってわざとらしくて、すぐにメッキが剥がれてしまうような。
申し訳ないけれど、そういうのって、自然じゃないから全然響いてこないです。

言いたいことがあったら、面と向かい合って言えばいいのに、
バナナの皮を置いたり、落とし穴を掘ったり、匿名で脅迫文送ったりするみたいなの(笑)、
良くないと思う。
そういうの、コソコソしたってわかるんだってば。
神様はすべてお見通しだというのに。

自分がつくづくコドモだなぁって痛感する反面、
オトナって、何考えてんだかまったくわからないぜぃ(笑)

自然はいいです。
空は果てしないし、風は優しい。
太陽の光は、人を選ばず降り注ぐ。
でも、この世の中で、私たちが自然に生きるのは難しい。
だから、何か起こったときに、
自然の流れにまかせられる、ウソのない生き方を。

5日前、テントウ虫がとまっていたうちのアマリリス。
その時は何もなかったのに、
今朝あいさつしに行ったら、3つも花芽が出てきていました。
昨夜の新月パワーか!?

黄昏と食欲の秋・・・・
 
 
 
 
 
 デットクス&チャージ。good!

2019年9月16日月曜日

生きたくなる



ずっとずっと慌ただしくて、たくさんの出来事がありまして。
本当は毎日実況中継したいくらいだったのですが、
もう遡って思い出すこともできないので、
結局は、それらをまとめて考えたことを書くことにしました。

社会的責任や会社内の役割、人気度や存在感が増すにしたがって
失敗したときの波紋、誤解の落差、嫉妬のされ方等、良いこともそうだけど、
悪いことも、跳ね返ってくるものは大きいのだなぁと感じます。

テリトリーが広くなれば、それだけ分母も大きくなり、
多種多様な考え方が生まれてくる。
自分が良いと思っていることでも、お互い悪意がなくても、うまく循環しなくなったりまとまらなったりする。
私としては、いつでもすべての調和がとれた状態を目標とするのだけど、
でも、
どうすることもできないことに、いつまでも手を妬いている余裕もない。
だから、問題を悲観せず強くなる努力をしなければと、最近感じるようになりました。
問題は、いつか砂のように風化して粉々になって、どこかに去るはず。
無視とか見てみぬふりをするのではなく、俯瞰できるような強さを。
そして、そんな負の要素を上書きできるほどハッピーな出来事を考えよう!

自分の力でどうしようもないこと、
例えば、環境、人間関係、人の死などと葛藤すると、
だいたいは不平不満や後悔というゴミが出る。
私、それはイヤなんです。
どうしようもないことをどのように受け入れるか、
プラスのエネルギーに変えていくか、工夫できる人間になりたい。

私は、まだまだ人間としても未熟だし経験も少ないけれど、
それなりに色んな人と出会って、人間勉強をさせてもらってきました。
ちっぽけな私の話に耳を傾け、けなしもせず、的確なアドバイスをくださる。
懐が広く、人の目線に合わせ、世の中の何を否定することもない。
前向きで丁寧で、楽しく気配りに溢れた言葉で包み込んでくれる。
頑固でへそ曲がりな私が、心から素直に話を聞き、
自分の気持ちを腹の底から話せた人というのは、
あとで聞くと、やっぱりと合点がいくような、
ひれ伏して謝りたくなるほど立派な経歴や鍛錬の持ち主だったりする。

そのかた達も、大変な葛藤と重責と逆風のなかで工夫を重ね、自分を信じ、
自然体の自分を維持できるようにバランスを取って生きて来られたのだろうと思います。
外に向けてのバランスではなくて、自分の中のバランスが取れているから、
他人に優しくなれるし、心豊かになれるし、嫉妬とか生まれないのだろうなって、感じます。

8月末から2週にかけて、福岡・千葉での傅先生の講習会は、素晴らしい時間でした。
太極拳というフィルターを通すと、世の中のことすべての法則が見れるように思います。
講習の最後のほうで傅先生が
「変わらないもの、変わるもの、
お互いをバランス良く調和させて、スパイラルのように成長していく。」
とおっしゃいました。
ここは英語で小話のように話されたので、通訳はありませんでしたが、とても印象に残りました。
 

私はよく「自分におとずれる物事や人には、すべてに意味がある」って言っているけれど、
それをあるオモシロイ知人に話すと
「そいういう真面目な人、よくいるけど、意外と意味がないことも多いんだよね」って(笑)
そっかそっか。これからはムシのいい取捨選択をしようかな。
もっと前向きになれそうだな。
 
 
 


アジアで一番、ベルサーチが似合う男(笑)
私が勝手に毎年恒例にしているツーショット!ありがたやぁ~~~