2019年12月30日月曜日

振り返り、みたいな。

28日に最後のレッスンが終わり、
その日と翌日で、今年とどめの忘年会。

年末休業日の会社へ少しだけ出勤したり、
皮膚科に行ったり、
ポン酢を作ったり、
洗濯機の掃除したり、
ゆっくりしようと思っていたのに、
あっという間に日が暮れて何もできてない年末。
しかも、掃除ついでに、パソコンの「リフレッシュ」とやらを実行したら、
大事なアプリケーションが大多数消滅していて、
メールすら受け取れない状況(涙
この記事を書きながら、再インストール・再設定作業に追われております・・・(悲

 
12月のハレの日続きの反省と、
実家での食っちゃ寝生活に備えて、昨日より粗食・・・ちょっとリセット。
ご飯の友、自家製もろみ。この子、ご飯が何杯でもいけちゃうので、粗食の意味なし。
今年はどんな年だったか振り返ると、あいかわらずだったかなと思うのだけど、
「あまり考えず過ごした年」だったかなって思います。
とりあえずやってみよう、
とりあえず行ってみよう、
とりあえず会ってみよう、
そんな感じで、私にしては、
流れに逆らわず、やってくる機会に従順に暮らしたような。
以前は、自分に不必要だと感じることのために、
時間をさいたり労力や気持ちを使うことを嫌だと思っていたのですが、
今年はなんだか、そういうタガが少しだけ緩くなったような気がします。
そういうことを楽しむ心の余裕ができたようでもあるし、
不必要なことはやって来なくなっているような自信も生まれたようでもあります。
また、自分ではどうにもならないこと、理不尽なことや、自分の気持ちが通じない状況に
固執することを、少しやめられたかな。
ははは。固いところが緩くなり、熱いところが冷めたのか?(笑)
中庸になったということにいたしましょう。

それなりに楽しかったし、勉強にもなったし、
自分のテリトリー以外の人とも会えたりして新鮮だった。
また、自分のやりたいことに没頭できたし、道筋も整ってきたかな。
しかし、
超人的に頭のいい(でも考え方は似ている気がする)知人からのメールの、
実直で純粋で飾らない文章を読んで、
なぜか安心し心癒される自分がいることに気づく・・・
やっぱり、この1年、少し疲弊したみたい(笑)

太陽や月や星、風の音や匂い、季節の移ろい、野菜のおいしさとたくましさ・・・・
そいういう無垢なものに、心の底からこみ上げるものを感じ魂を解放できることが、
真の健康、幸せな人生なのかなと、 色々な経験をして感じるのでした。

あ、そうそう!
来年1月から、外部施設でピラティスインストラクターデビューします♡ 
西区のJEUGIAカルチャーセンター木の葉モール橋本で、第2・第4月曜日19:30~です。

 こういうね、自分を売っていくことにも慣れないといけないんですよね・・・はぁ・・・


2019年12月23日月曜日

心身ともに元気なのだ!

年の瀬ですね・・・
年末はいつも、会社の1人経理の年末業務がとっても忙しいので、
12月初めから、アドレナリン全開、頭ギンギン、目つきギラギラ、
集中力キープで突っ走ってきました。
おかげさまで、大きなケアレスミス(笑)もなく、おおかた終わりました。

イルミネーションって、みんなのせわしい心を落ち着けるためにあるんだなぁって感じます。
ありがとうねぇって思います。
  
 
先日、小休止できたので、人里離れた公園というか城跡に行ったのですが、
そこで、数人の人が、座禅を組んで瞑想をされていました。 
そういうこと、やってみたいなと思うのですが、
私、正直、「頭や感情を無にする」という感覚が全然わかりません。
座禅を組んだとしても、ここぞとばかりに頭の隅っこからいろんなことを引っ張りだしてきて、
あれこれ考えて過ごして、「ワタシ論」を作成してしまいます。

ただ、太極拳をやっているときは、自分の身体のことに集中していて本当に頭も心も空白になります。
イヤなこととか、ムカついたこととか、不安だとか、ゴミのようなものは、
きれいさっぱりお掃除されます。
なにやら、オーラやチャクラやそんなことが見えるらしい人達からは、
私は頭にすごくパワーがある(頭がいいというわけではないと思います、ハイ)と、
よく言われるのですが、だからこそ、身体、特に足を使って鍛錬することを心地よいと感じ、
陰陽のバランスが取れているのだろうなと感じます。
もっというと、頭を使いすぎるから、甘いものが好きなのかなとか、
言い訳まで思いつきました(笑)

板村真民の詩の中にも、
「頭から光が出る。まだまだだめ。
 額から光が出る。まだまだだめ。
 足の裏から光が出る。
 そのような方こそ、本当に偉い人である」
という一節があります。
本を読んでも、得られるのが知識だけです。仮に心まで至っても、
足まで届いてこないと思います。この詩を読むと、中村哲さんを思い出します。
深い愛と美しいほどに純粋な行動力、こういう方が殺されてしまう世の中って、
すごく狂ってる。

皆、足を使おうよ!
情報が溢れ、インスタントでバーチャルな世の中にいるからこそ、
身体を動かして汗をかいて、疲れてぐっすり眠って、
皆の奥の奥の奥にある、もっとも誠実で暖かくて、ブレないけど調和する、
大切なものを感じようよ!

今年も、橙を頂きました。ポン酢作るぞ~♡