2020年3月26日木曜日

春雨

しとしと降っています。
チュルチュル食べるアレ、ではないです(笑)
連日、気の遠くなるような気持ちのよいお天気が続きましたが、
今日のような天気も、またオツなものです。
チュルチュルも好きです♡

晴れの日が続いたのと、いつもより時間があったせいで、
家の中のものを、もう洗うものがないというくらい洗濯しまくって、
次は何をしようかなと思っていたら雨になりました。
じっとしていればいいのに、気ぜわしく動いていたくなるのは季節のせいでしょうか。

「お日様の匂い」ってよく言いますよね。
子供の頃、お布団に入った時「あ、今日はお布団干したな」というのが匂いでわかった。
母親に「お布団干したろ?」っていつも聞いていた。
あの匂いって、今でも幸せの象徴として身体に沁み込んでいます。
「お日様の匂い」・・・・ここ数日満喫しました♡

休業していたスポーツ施設は、制限付きで営業を再開し始めました。
太極拳の高齢者の教室も、利用していた市の体育館が休館しているためお休みしていましたが、違う施設でやってみました。
集まってくれるかなぁと心配したけれど、全員待ってましたとばかりに、
笑顔での再会となり、とても嬉しくなりました。
失って気づく大切なこと。
大げさだけど、毎日の何気ない習慣が、どれだけその人を支えていたのか、
身に沁みてわかるきっかけとなっています。
反対に、不要だったことに気づくというパターンもありますね。

新型コロナウイルスに対して、諸外国から「日本人はぬるすぎる」という批判があるようですね。
アメリカでは、人々が必要以上にモノを買いだめしている様子から、今後人々がどのような行動に出るのか心配になり銃器を買い求める人が殺到しているそうです。
極端な話、トイレットペーパーが買えなくても、トイレットペーパーを持っている人を銃で脅して、それを奪うことができる、ということでしょうか。
「保身」から「銃」という思考にならなければいけないことが悲しいです。
そういう国だから、仕方のないことです。
だからといって、日本がぬるいと言われるのは違う話で、
「だって、私たちは日本に住んでいる日本人なんですから」。
どちらにしても「お国柄」ですかね。
日本人は、常識と思いやり、皆が心の中に持っている一定の見えない規制の中で、
困難を乗り越えることができる人種だと考えます。
ただ、きれいごとではないことは充分解ります。中には自分勝手な人もいますから、
専門家による見えるルールとして管理されなければいけない状況もあります。
私だって、アルコールを持ち歩き、ことあるごとに衛生面には気を付けていますし、
マスクをしてレッスンをしています。
高齢者の教室の前には早めに会場へ行き、アルコールで床を消毒して、
窓を開けてレッスンをしています。
ただ、そのような状況の中でも、
春の風を気持ちいいと感じ、花を見て幸せな気持ちになり、
運動をして清々しい汗をかくことの大切さを実感する、そういう普通の感覚は大事にしたい。
こういう今こそ、感覚を研ぎ澄まして、心の衛生面を保ちたいと強く思います。

↓先週、スポーツクラブのレッスンの後、
時間もあるし運動不足(笑)なので、歩いて帰っていたら道に迷い・・・
偶然見つけた、公園の一本桜!ラッキー♡
 
 

↓なつかしの~Y・M・C・A! HIDEKI!!皆さんもいかが?
知人がレコードを整理していて見つけたそうです。暇ということは、こういう発見もあるのだ・・・



2020年3月19日木曜日

明るくいこうよ!

皆様いかがお過ごしですか?
私は、いつもより自由な時間が多くなっているおかげで、
規則正しい生活ができています。年度末の仕事もはかどりました。
やれていなかったことをやり、会えなかった人に会い、行きたかったところへ行き、
作りたかったものを作り(もちろん食べ物)というふうに、
To do リストを消化しながら、なにげにエンジョイできています。お天気も最高ですしね。

ただ、運動量が激減し、逆に食べる時間が増えてしまい、
一時期体重がやっばいことになっちまいまして、先週からちゃんと自主練をするようにしました。
太極拳って、カロリーの消費量が高いのだなぁと改めて実感しました。頭も使うしね。

いつか、NHKの東洋医学の特集で太極拳が紹介されたときの映像を、
知人が録画してくれていました。
全ての動きに意識を集中し、全ての関節を連動させて動くことで、転倒予防に効果があるとのことでした。
はい、そういうことです。。
どこかが強すぎても、どこかが休んでいてもダメで、
強い部分だけ使うと、弱いところは強くなれないし、 強い部分はそのうち傷んでしまう。
そういうアンバランスは身体だけじゃないし、効果は転倒予防だけではないですね・・・
形を覚えて、ハイおしまい。
段級取って、ハイおしまい。
太極拳って、そういうチープなものではなくて、
神経伝達、自分の今の状況を把握すること、自分のニュートラル探し。
マインドフルネスなんて言葉がありますが、それはまさに太極拳よね!
終わりはなけれど、いつも満たされているから、ゴールを目指すという概念はない。

これは、海外に住む知人から送られてきた写真↓
 まだ、感染者がたくさん出ていない国なのですが、
「ロックダウン(いろんなことに制限がかかること)に備えて、
皆が食料を備蓄することに夢中になっている」ですって。ぞっとします。
日本でもありましたが、こういうことも、アンバランスというか、偏った心理と行動だと感じます。

負の出来事は、色んな勉強をさせてくれます。
もしかしたら、生き延びることが最善じゃないかもしれません。
いつも使っているお気に入りのトイレットペーパーが売り切れているのは、
ちょっぴり悲しいことですが、今まで知らなかったもっといいものに出会えるかもしれないし。
グッ!

2020年3月9日月曜日

な~んか変

冷たい空気の中に、どこからか、ふんわり暖かい風が交じり混んでいて、
肌当たりのよい季節になってきました。

世間は、進んでいるのか止まっているのか、なんだかよくわかりません。
バスはいつでも空いてるし、街はガランとしているけれど、
トイレットペーパーとマスクの売り場は買い散らかされ、
いたるところに、異様な感情と空気が漂っていて、とにかく「変」です。
もっと落ち着こうよ・・・

私自身は、スポーツ施設の休業のため、レッスンが消失し、とても暇なはずなのですが、
勤めているスタジオは営業しているので、その運営にピリピリしているし、
年度末ということで、対外的にやらなければいけないことが山ほどあるので、リズムが変です。
常にマスク着用なので、お化粧はおざなり、
手を洗いすぎて、手が異常に痒い。


この冬から春への季節の変り目は、一般的にも自律神経が乱れるときなので、
「変」具合が増しているのでしょうね。
適度に運動したほうが、地に足がついて落ち着くんですけどね。
それと、たくさん笑うことね。

講師をすることになっていた3月の講習会も、
6月の全日本武術太極拳選手権大会も、中止になりました。
中止、キャンセル、取り消し、休業・・・もう、うんざり。
楽しみも勉強の機会も挑戦も、どんどん消えていく・・・春なのに。

ただ、こんな、あきらかに右肩下がりの世の中でこその、
今までわからなかった新しい発見があったり、
素敵なチャンスが巡ってきたりする。
正常な精神でブレずに生活しているという証かな。

目指すのは、ウイルスを恐れることではなく、
健康に生活することなのです。
マザーテレサも、
反戦運動などには参加しません。ですが、平和活動には喜んで参加します。」
とおっしゃったそうです。
視点を変えるだけで、流れは180度変わるのです。

↓ビール好きなら、絶対脳裏に浮かび、実行したくなるはず!
コロナビール(笑)
 
 インド人の店員さんも言ってました。
「コロナウイルスノオカゲデ、ミンナコロナビールノンデルヨ♪」

2020年3月4日水曜日

太極拳でゲンキゲンキ!

スポーツ施設が軒並み閉鎖・・・
運動難民・・・
自宅で1人で、身体を動かしても、つまんないですよね。
皆で楽しくやることこそ、身体の底ヂカラを上げる大事な要因。
 ウイルスに過剰におびえること自体、身体の底ヂカラを下げてしまうと思いませんか?
もちろん、マスク、手洗い、消毒等、出来ることはやってね。
ウイスルがおびえる身体を目指すのだ!

私達、指導に携わる人間にとっては、突然お仕事がなくなり大打撃ですが、
そんなことに不平不満を言っていてはしょうがない!

今朝起きたら、WeChat に、傅先生からメッセージが届いていました。
シェアしてほしいとのことです。原文のままです。先生の許可を得ています。

『3月4日午前10時から北京時間の傅清泉指導者に
「楊式太極拳の開合と呼吸」と言われました。
 二次元コードを長く押してください。
二次元コードページを開けて、次の緑色ボタンを押すと、傅清泉指導者と集まり、
太極拳を開いて呼吸して、手を携えて疫病に立ち向かうことができます。』

変な日本語ですが・・・先生が、わざわざ和訳して送ってくださいました。
写真が・・若いな(汗)