2018年2月22日木曜日

つれづれ

厳しい寒さもひと段落。
空気は冷たいけれど、なんだか春のエネルギーを感じるようになりました。
芽吹く寸前のキラキラとした力が、春を待ちきれず空気に漏れ出しています。
自分にリンクさせて、ウキウキしたりする・・・・そんな気がする・・・だけか?!

実際は
色々なことに頑張らないといけなくて、
色々なことを考えすぎて、
いつも変な汗をかいているような毎日です。

先の県大会では、無事に全日本への切符を手にしました。
他人の評価は置いておいて、自分ではよくできたと感じたのでよかったよかった。

最近参加した内輪の講習会では、疑いと問いだらけで残念な時間。
でも、自主練はたくさんできたし、残念という反面教師の学習ができたからよかったかな。

お野菜が高いですよね。
皆何を食べてるんだろうと思って、先日大きなスーパーで、買い物客のかごを覗いてみました(笑)
カット野菜、買っていますね。。。ちょっと驚き。
切られて、殺菌されて、変色しないように防腐剤かけられて・・・
栄養・・・あるのかな。ともすれば毒のような気もする。
食べればいいのかな。お腹が膨れればいいのかな。

前の記事のスポーツクラブを思い出した(笑)
とりあえず、スケジュールを埋めておけば、レッスンの質なんてどうでもいいのです。
逆に、質がいいのは困るんです、そういうところでは、って感じかな。

あんなに自分の中で拒んでいた、ピラティスレッスンを、
やんごとなき事情にて(汗)担当することになりました。

なぜ拒んでいたのか。

太極拳以外の種目を教えるということは、太極拳がウソになるような気がしていたからです。
でも、自分以外の人が健康になるなら、幸せになるなら、楽しみにしてくれるなら、
それは私の使命として頑張ろうと思いました。
そして、「太極拳がウソになる」と思っていたのは、きっと自分に自信がなかったからでしょう。
今は、自分の周囲の人が喜ぶなら、自分の知っていることはすべて提供したいと感じます。
でも、どう考えても、太極拳が一番です!

来月、県連のお仕事で、今年も呉式の講師をさせていただきます。

教えることの責任の重大さ、教えることによって、
自分が物事にどう向き合っているのかを考えさせる今日この頃。

大きな大きな宇宙からみたら、
小さな自分が、小さな社会で、小さな一喜一憂と、小さな栄光盛衰の中で生きている。
とても不思議で大切なこと。
うまく表現できないけれど、
あちらを立てればこちらが立たずとか、頭隠して尻隠さずとか、
目先の火消しばかりに気を取られるより、
しっかり頑張って根本から立て直す覚悟を決めたら、自分は、もっと光り輝く星に昇華できる。
他人の評価とか、レベルの低いルールなんか、どうでもよくなる。
逆におもしろおかしくなってくる・・・

今、時間の速度が速いです。
人生設計なんて・・・立てても無駄だ・・・・(笑)

0 件のコメント:

コメントを投稿