2018年3月12日月曜日

木の芽どき

三寒四温とか春一番とか、
昔から言われていることが、現代でも同じ現象として私たちに感じられることに、
なんとなく安堵してしまう・・・

やっと春らしくなって、身体の締まりも心の硬さも緩んでくる、
重いコートを脱ぐような解放感が嬉しいです。

ただ、年度替わりの仕事が、私をなかなか解放してくれないのがちょっと憂鬱。

硬い話を吐露したかったけど、やめた(笑)

ピラティスのレッスンは、腹部の動きや形を生徒ちゃんにみせなければいけないので、
ボディラインにフィットしたウエアを着て、まるでキャッツアイか海女さんのようになっているのですが、
たまにお腹が見えるウエアを着てきたときには、レッスンしながら恥ずかしくなって失敗したなぁと後悔します。

でも、先日、帰り際に生徒ちゃんから
「今日も先生の素敵なお腹がみられてよかったです♡」と言われてちょっと上機嫌(笑)

このお腹は、太極拳で培ったと思っているのですが、
もうすぐ40歳代半ばを迎えようとするオバサンがお腹をさらけだしていいものかと考えつつも、
自分の新たな部分が開拓されたようで楽しいな。

久し振りな、ザ・洋食。ポークカツレツ?


お肉を食べない人との会話で得られることや出会える環境、
お肉が大好きな人との会話で得られることや出会える環境、
自分と同じ思考や志向や嗜好の人とだけ交わるのは、心地いいしぐんぐん前進していく感じがするけれど、
ちょっと違うところの人と交わると、自分を多方面から見ることができて新鮮です。
自分をもっと信じることができたり、軌道修正できたりします。




0 件のコメント:

コメントを投稿