2018年10月16日火曜日

もの想う秋

 私の秋の象徴は、やはり金木犀の香り。甘くてせつない香り。大好き。
もし一軒家に住めるなら、金木犀のある家の隣に住みたい。。
(だって、お掃除面倒そうだから。)

歯列矯正の器具が痛くて、ミキサーやフードプロセッサーをフル活動させて流動食生活をしていましたが、
最近は少し慣れてきて、柔らかい米粒は普通に食べられるようになりました。
「痛くて食べられない」ではなく、「痛くないようにして、意地でも食べる」ので、
体重?落ちませんけど??

体育の日の福岡市太極拳交流大会も無事に(?)終わり、
今月末の三代館長の講習会が終れば、あとは年末に向かってフェードアウトでしょうか。
あ、そういえば、来月頭に、弟の結婚式があります♡

私は、文章を書くことが大好きです。
文章を書くことは、反芻行為といいますか、
いやでも自分と向き合うことになってしまうので、
嬉しいことを書くときは、何度も嬉しい経験を噛みしめられるから楽しいし、
自分の関心事について書くときは、書けばかくほど妄想や構想が広がって面白い。
逆に、避けて通りたい、なるべく考えたくないことがあるときには、
なんとなくペンが進みません。
こういう時に書いていると、自分をいじめているような気分になります。
納得いかないこと、物申したいことがあるときは、
ブログだと、あまり公共の場所で言わないほうがいいこと書いてしまうこともあるので、
ダーーーーーーーっと書いて、ダーーーーーーーーとデリートボタンを押したりします。

マスターが、ここ数日で、急に弱ってしまいました。
書くときだけじゃなくて、ことあるごとに涙がこみ上げてきます。
私の考えすぎ、思い違いであってほしいです。
奇しくも、今、私の食卓は流動食、マスターの病院食もそう。
「一緒じゃん!」と自分に突っ込みを入れてみる・・・

こういう、負の考え事があるときには、太極拳をやっていてよかったと思います。
無心になれる時間があるって、ありがたいことです。
 
秋の空が気持ちよくて。
最近、朝は早めに家を出て、少し散歩をしてから最寄り駅に向かいます。
空気の匂いが気分を落ち着かせ、心を整理してくれる、気がする。。。





0 件のコメント:

コメントを投稿