2018年11月30日金曜日

ちょっと元気

まだ本格的な寒さはやってきていないけれど、
自宅のウォシュレットが微妙に調子悪くて。
便座は暖かいのだけど、シャワーが冷水・・・・うぅっ


なんだか、年末にかけて、例年に比べると、
食べごとのお誘いや、食べ物の頂き物が多いような気がする。

「食」となると、やっぱりマスターのことを思い出して、溜息がでてしまいます。
お腹は空くし、食欲はあるんだけど、食べることに萎えてしまう。。
小さなころから、親に怒られても、学校や会社で嫌なことがあっても、
友人が亡くなっても、ストレスで体調がすごく悪くても、
怪我をしてどこかが痛くても、涙と鼻水を垂らしながらでも、
横になったままでも、食事だけはムシャムシャ食べられたのに、
今はなんだか食べる気力が起きない。

だから、仲間と一緒に食べる機会ってありがたいです。

先日、マスターゆかりの人と、マスターゆかりの人が経営するお店で、
マスターの話をしながら食事をしました。
お互いの想いを吐露して、少し気持ちが軽くなったかな。

それぞれにストーリーを持った人が、
食べることを通じて心を通い合わせることができる。
マスターのお店で、プロポーズをする人、多かったそうです(笑)
料理人って素敵な職業ですね。

一年前に仕込んだお味噌を開けてみました。
麹を多くしたからだろうか、
なんだかもろもろしていて水分が少ないもろみ味噌みたいに仕上がっていました。

メモには、乾燥大豆850g、米麹・麦麹各1㎏、塩600g、煮汁700cc と書いています。
相変わらず、私の合わせ味噌は黒い(笑)
昨年、大塚瞳さんが話してくれた「味噌床」に感動して、
これとは別に、塩を強めにした「味噌床」用も仕込みました。
それはもう少し寝かせておこう。
そして、マスターの形見として、ずっと 付き合っていきたいな。
というのも、大塚さんは、その味噌床を19歳の時に作って、
今も、継ぎ足しながらずっと使っていると言っていたんです。
(いま彼女がいくつかは不明)
だけど、すぐに腐らせそうなアタシ・・・

昨日、スポーツクラブの太極拳女子ズからお誘いをいただいた「mas会」。韓国料理でした!

汚れ防止の赤いエプロンが、超お気に入り♡
帰り際に店員さんに「これ着て帰ってもいいですか?」って聞いたら、断られました。ガッカリ。




0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。